M-DCT フルード交換

M-DCTフルード交換の準備として、最初にミッション下部のアンダーカバーを取りはずします。

また、取りはずした際には、各部からのオイル漏れの点検もします。

オイルパンのドレンボルトを取りはずし、DCTフルードを排出します。

オイルジョッキで受ける理由は、排出量及び油質を確認する為です。

状況に応じて、1~2回ほど新油でミッション内部をフラッシングします。

以下、フィルターを含めた作業の詳細です

排出が完了しましたら、オイルパンを取りはずします。

白色の長い部分がジェットポンプで、DCTフルードを吸い上げる役割をします。

黒色の大きい部分がストレーナー(フィルター)です。

取りはずしましたオイルパンです。 オイルパンのガスケットは、単品でパーツの供給がありませんので、オイルパンごとの交換となります。

オイルパンに付属するマグネットは、ATFの作業時と同様に、相応の金属粉が溜まっています。

新しいオイルパンは、純正品を使用します。

当然ではありますが、新しいオイルパンのマグネットは、金属粉はありません。

ガスケットが単品で供給されていれば、オイルパンを交換する必要はありませんが、メーカーの設定で供給無しの為、現在は総交換となります。

ミッション内部に残ったDCTフルードを、時間をかけて排出させます。

旧品のストレーナーは、金属粉を含んだDCTフルードで満たされています。

DCTフルード交換の目的のひとつは、ストレーナーの交換も含まれています。

ストレーナーの中身は、固いスポンジ状で、フルードの影響で少しずつもろくなってきます。当然さらに時間が経過すれば、はがれ落ちてフルードに混ざってミッション内部を循環し、各部の詰まりの原因となることが考えられます。

したがいまして、ストレーナー交換は必須作業と考えております。

古いDCTフルードを排出したら、新しいストレーナーを取付けます。

オイルパンを装着し、DCTフルードを充填します。 こごで注意点は、DCTフルードもATFも、オイルパンの取付はボルトを締める順番と規定トルクがあります。 また、DCTフルードの充填は、診断機を使用して油温などの管理を行う必要があります。

こちらは排出したDCTフルードです。 金属粉やスラッジが混入していますので、黒色に変色しています。

新油は、もちろん異物の混入がありませんので、透明です。

現在、Stella Motorsでは、DCTフルードを三種類ご用意しております。 お車の使用状況や走行距離などに応じてお選び頂けます。

PENTOSIN FFL-4

BMW M-DCT専用設計フルードです。 Getrag社のDCT開発から使用されているフルードで、BMWの承認を得たフルードです。

Power Cluster DCTF

PENTOSIN FFL-4を元に、DCT内部の摩耗を少なくかつトルク伝達能力を高めたフルードです。 もちろん、BMW M-DCT専用設計です。

NUTEC NC-65

最新のデュアルクラッチトランスミッションに対応します。 ダイレクトで高効率な動力伝達を行なう反面、仕事量の多い最新トランスミッションに対応。 熱に強く、優れたオイル性能を安定して発揮し続けるので、安心して最新車両のドライブに集中いただけます。

Moty's M351L DCTF

Moty'sのDCTFラインナップ4種類の中で、一番MDCTにマッチし、シフトスピードが速いフルードです。 スリップコントロール特性、シンクロメッシュ適合性、油圧制御適合性、ギヤ系の耐摩耗・耐疲労特性をバランスよく考え、高温・高負荷にも耐える酸化安定性を持ちます。

    対象車種

  • BMW E8x   135i
  • BMW E89   Z4
  • BMW E9x   335i
  • BMW E9x   M3
  • BMW F1x   M5
  • BMW F1x   M6

MENU 1 フィルター/オイルパンの交換を含む作業

PENTOSIN FFL-4
120,355.-
Power Cluster DCTF
111,888.-
NUTEC NC-65
115,452.-
Moty's M351L DCTF
122,688.-

※部品/フルード/フラッシング/工賃/消費税込み

MENU 2 フルード交換のみの作業

PENTOSIN FFL-4
70,027.-
Power Cluster DCTF
61,560.-
NUTEC NC-65
65,124.-
Moty's M351L DCTF
72,360.-

※フルード/フラッシング/工賃/消費税込み

Copyright(c) Stella Motors, All Rights Reserved.

PAGE TOP