空間浄化持続システム エアーキャタライザー

従来の室内消臭や脱臭とは異なる、全く新しい考え方の「空間浄化持続システム WAKO'S AIR CATALYZER(エアーキャタライザー)」です。

自己反応性触媒(光や電気などのエネルギーを必要としない触媒)の作用により、室内異臭の素となる雑菌やカビの増殖を抑制し、効果的に車内空間の悪臭を取り除きます。

最初に、車内の小物やティッシュ、ナビのリモコンなどを室外に出しておきます。

効果を高めるためには、車内はクルマの構造物以外に何も無い状態がベストです。

全てのウィンドウの汚れを落とします。

意外にも、ウィンドウの汚れが異臭の原因にもなります。

シートやダッシュボードなどを水拭きします。

ウィンドウ同様に、きれいに汚れを落として効果を高めます。

フロアカーペットも、細かいクズまで取り除き、できるだけカビや菌の発生源を無くします。

エアコンの操作パネルで、内気循環状態にしてルーバーは正面と足元の位置にします。

「空間浄化スプレー」を準備します。

効果は、車内の隅々まで自己反応性触媒を分散させ、消臭を行いながら成分を定着させます。

車内後部座席にセットして、前方に向けて噴霧します。

ドアと窓を閉め切り、1時間以上かけて有効成分を定着させます。

車内に「空間浄化スプレー」を噴霧している間に、「フィルター強化スプレー」をエアコンフィルターに散布します。

汚れたエアコンフィルターでは、持続的な効果は見込めませんので、新しいエアコンフィルターを用意し、フィルターの表と裏に万遍なく吹き付けます。

エアコンフィルターに吹き付けた「フィルター強化スプレー」が乾いたら、「フィルター持続シート」をエアコンフィルターにセットします。

「空間浄化スプレー」の効果を持続させるため、エアコンフィルターの表面に「フィルター持続シート」を挟み込み、外気を導入するたびに「自己反応性触媒」の効果が続きます。

エアコンフィルターの取付位置は、車種により異なります。

ここまで汚れを溜めたフィルターはもちろん効果が見込めません。

また、見た目の汚れが少ない場合でも、フィルターの濾紙には細かい汚れや雑菌、カビなどが付着しています。

1時間以上「空間浄化スプレー」を噴霧し終えたら、エンジンを始動してエアコンを外気導入位置にし、有効成分を車内に定着させて終了です。

空間浄化持続システム エアーキャタライザー

一般施工
19,440.-+エアコンフィルター代
車検・12ヶ月点検時の施工
16,200.-+エアコンフィルター代
Copyright(c) Stella Motors, All Rights Reserved.

PAGE TOP